WELCOME!

WELCOME!
ようこそBLACKMARKETへ。
グラフィックデザインのブッダプロダクションズと
アーチストBDAPのサイトです。


どうぞごゆるりとご覧ください。

BLOG

STILL おれ

 

ワッツア!

 

 

いやはやなんとも、

前回までのブログで、大急ぎで2019年を振り返ったとこですが

たったブログ3回で語れるおれの一年って...、と、しばし呆然。

そして去年制作した新作デザインたちも昨日まで1日1本ペースで地味にアップしてたんですが、

24日目の今日、やっとひと段落。

あーおれ毎日レタッチがんばった♪

 

ラストを飾るは、去年末制作した(刊行は今月) IBCパブリッシング「Practical Japanese 3」 でした。

おかげさまで好評につきシリーズ第三弾なのです。

 

 

ただしあと数点、小型グラフィックなど未撮影のものがあるし、

既にアップ済の書籍でも、本文デザインが未撮影のモノとかあるので

それは次回まとめて撮影!、って感じにしまーす。

 

 

 

 

 

 

こうやってまとめて新作アップしてみて改めて気づかされたのは

我が誇り高き有限会社ブッダプロダクションズの仕事量、

そして仕事の内容。

 

 

まず量の話。

うちではブックデザインを毎年だいたい年間40本ほど、多くて50本ほど制作してる計算になります。

あとはグラフィックや広告などをちょこちょこ、って感じで、

まー、おれ1人でさばくには多くもなく少なくもなく、ちょうどいいって感じ?

 

 

そして内容。

当然のこととはいえ、一本一本全力で(それなりに)、かつ面白がりながら

仕事にとりくめている自負はあるのです。

 

 

2019年のMYフェイバリット。集英社文庫「やめられない」 。

編集のたじまっくすとワイワイやりつつ、著者の帚木先生にもノリノリでアイデアを出していただいて、

いい空気感の中で仕事できました!

 

 

 

 

じゃー何より何より!、って納得することもできるのかもだけど

今回作品たちをグロスで俯瞰したらさ、なんかさ、

仕事の量も質も、よくも悪くもバランスよく落ち着いちゃってるのかも...と正直感じてしまった。

ほどほどの量を、それなりの内容で、

そんなんでいいのかって。

 

 

 

 

 

ガムシャラに仕事していた20代、

26歳でニューヨークADCの3rd Prizeを獲って

「おれのセンスと天賦の才能を見よ!!」

なんてイケイケで天狗になってたあの頃。

 

今はもう故人となってしまった勤め先のデザイン・プロダクションの社長に

「斉藤君のすごいところはセンスとか才能とかよりも、いつも自分を壊そうとしてるところだ

って言われたあの言葉.

昨日の自分を壊してゆくアティテュード

おれはまだそれにふさわしいおれになれているのだろうか.....

 

.......

 

 

 

 

 

 

 

ま、いっか♪

深刻ぶってもこんなブログ誰もみてないし

 

とりあえず自転車でどっか遊びいこっと♪

 

 

未舗装のグラベルの急な下りををバイクでカットばす快感。

これはおれの自己破壊の衝動をフィジカル面からアプローチさせている無意識のなせる技なのか

甘い癒しという名のただの現実逃避なのか...?.....

 

 

それはこのさいどっちでもいい

ただひとつ断言できるのは、

2020年、50代になっても

いまだおれはおれのままここに立ってるぜ!

 

 
 

 

 

STILL DRE / Dr. DRE ft Snoop Doggy Dogg

 

 

 

いやー今年初っ端からかなり忙しいんすよねー....